ハイドロジェニー賞

第3回目のハイドロジェニー賞・水素コンクールのトロフィーの授与式は、フランス国民議会の水素推進議員グループのご支援を受けまして、2022年 3月15日に国民議会内のビクトール・ユーゴー・ホールで開かれました。

Illustration_Hydrogénies2022

100億ユーロを超える水素基金が創設されたフランスの、最新水素プロジェクトの担い手たちが一堂に会し、表彰される機会でした。
審査対象は以下の8分野、また本年より、「今年の功労者賞」が創設されました。
1 : 低炭素・再生エネによるインダストリー賞
2 : 水素貯蔵及び再生エネルギーの高付加価値化賞
3 : 鉄道・航空・船舶分野モビリティ賞
4 : 地上商品輸送賞
5 : 旅客運輸賞
6 : 一般教化、教育、社会教育賞
7 : 国際協力及び輸出賞
8 : 地域におけるエネルギー転換賞

ハイドロジェニー賞は、水素技術の普及と発展を応援するために、2018年にフランス新エネルギー庁、フランス水素燃料電池協会および欧州エネルギー転換会議の支援を受けて創設されました。2019年ダンケルク、2020年ボルドーでの表彰セレモニーは、ADEME長官を迎えて行われています。
2019年受賞者リスト
2020年受賞者リスト


コンクールの詳しい規定は、こちらからご覧いただけます(英文)。