サクラ・コンサルティング

Leiko SAKURAI, SAKURA Consulting
桜井玲子
サクラ・コンサルティング取締役

サクラ・コンサルティングは、企業と行政、日本とフランスをむすぶプロジェクトをアシストします。主にエネルギー転換やクリーン・モビリティの分野で、日仏の地方自治体やその外郭団体、イノベーティブな企業の発展をお手伝いします。
在仏日本商工会議所(CCIJF)、およびフランス水素燃料電池協会(France Hydrogène)の正会員です。

過去には2009-2019年に渡って、議員と地方自治体首長向けの季刊誌ヨーロッパ・パールモンテールEurope parlementaireとハイドロジェニウムHydrogeniumの2雑誌を発行し、イノベーション技術を欧州議会、フランス政府と議会そして地方自治体に紹介してまいりました。その中で、在仏日本大使、NEDO欧州事務所、またジェトロのインタビューを通じて日本のイノベーション、特に先行している水素技術発展を欧州とフランスの政策決定者に広く知って頂けるよう努力してまいりました。

3年前より、フランス新エネルギー庁ADEME、フランス水素燃料電池協会France Hydrogèneおよび欧州エネルギー転換会議(Assises européennes de la transition énergétique)と共同で 、水素技術の展開を称揚するコンクール、ハイドロジェニー賞を創設し、その表彰セレモニーを自治体主催の欧州エネルギー転換会議でADEME長官を迎えて行っています。(コンクールの規定(英文)はこちら

第3回目のハイドロジェニー賞・水素コンクールのトロフィーの授与式は2021年 1月12日に欧州エネルギー転換会議で行われる予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大状況を鑑みて、会議はすべてデジタルとなりましたので、賞の授与式も1年後に延期することにいたしました。一方、弊社の主催する日仏の先行する水素利活用事業例を交換する座談会はリモート会議形式で行われ、2021年 1月26日に会議へのデジタル参加者すべてに配信されます。

お問い合わせは、メールにてお願いいたします。Leiko.Sakurai[at]sakura-consulting.eu